案件・商材判断

尾嶋健信のBe Magical(ビーマジカル)でプラットフォームビジネスの成功はあるか?ファイブスタークラブも販売!

こんにちは、キラー(@aruzeline29)です。

魔法をテーマにしたファンタジー要素満載の無料オファーを見つけましたので、本日は取り上げていきます。

今回登場する尾嶋健信さん、以前にもICO販売をネット上で仕掛けていましたが、ここでも「分配型プラットフォーム」と名乗るICOを販売する可能性は高いです。

動画等、ここ最近詳しくチェックしていましたので、僕なりの見解を述べさせていただきます。

【オファー名】Be Magical(ビーマジカル)

【販売者】尾嶋健信 インタビュアー:有本周平 平野絢子

【会社名】Be Magical株式会社

【所在地】東京都港区北青山2-7-13 プラセオ青山ビル 3F

【運営責任者】山本武志

 

Be Magical(ビーマジカル)の分配型プラットフォームとは?

 

えー、Be Magical(ビーマジカル)はどういうものかというと、
世界初となる分配型プラットフォームと魔法の力によって、

・お金の自由
・時間の自由
・人間関係の自由
・心の自由
・健康の自由

の5つの自由を手に入れることができるみたいです。

ここでの分配型プラットフォームというのは、
夢がお金に変わるものであり、

Youtubeのように圧倒的な視聴者の広告収入によって成り立つ、永続的な権利収入が得られるものとのこと。

この分配型プラットフォームによって、プラットフォーム、そこで仕事をする人、利用する人と3方にお金が入る仕組みのようで、全員にお金が行き渡るよう設計しているみたいです。

この仕組みが今後の新時代の稼ぎ方になってくると何度も主張していますが、
そもそもこの分配型プラットフォームが現在のところどこまで開発が進められ、どれだけの規模になっているのか分かりません。

プラットフォームを作ったとしても、そこに価値を感じ利用してもらうユーザーを確保しないといけないし、常に革新的なリソースを提供する必要があります。

しかも今のプラットフォーム市場は二極化が極端に進んでおり、
新規の動画やサイトなどは強力なプラットフォームの陰に埋れて潰れていくだけだし、仮にそのプラットフォームが成長したとしても、インスタのようにfacebook社に買収されるケースもあります。

僕たちは、時代の最先端を走る巨大プラットフォームのルールに従って賢く稼いでいくことしかなく、わざわざ新規のプラットフォームに乗っかってあれこれ頑張るのは賢明な選択ではありません。

マジカルの正体は?

 

もう一つ、このプラットフォームビジネスを成功させる上で、「マジカル」の力が大切だと言っています。

このマジカルとはなんなのかというと、

・時間管理術
・健康メソッド
・コミュニケーション術
・心理学
・コピーライティング
・マーケティング

といった根本的なビジネススキル、ノウハウを指し、
魔法というよりも、ビジネスマンとして当たり前の原理原則に過ぎないんですけどねw

ビーマジカルのポータルサイトではこんなセクションが学べるようで、
総合的なインターネットマーケティングが“広く浅く”網羅されてる印象です。

 

ビーマジカルのポータルサイトはこちらから見れます。↓

https://be-magical.xyz/

そこら辺にある無料オファー案件のように、「頭を使わずして稼げる」みたいな低俗的ではないことは良いですが、学んだらすぐに魔法が使えるレベルにはならないので、ある程度の覚悟は決めてくださいw

 

Be Magical(ビーマジカル)のビジネスモデルは何か?

 

分配型プラットフォームとマジカルの組み合わせで、この稼ぎ方は成り立つようですが、具体的にどんなビジネスモデルなのか動画を追いかけていきますと、

第4話目の動画の中でこんなことを口にしています。

ビーマジカルのプラットフォームを育てて、そこから「上場」を狙ってるみたいですが、これはICOを指している可能性がありますね。

正直ビーマジカルのポータルサイトを見ている感じだと、セキュリティ自体も緩いし、これといったプロジェクトもないので、注目されることは難しいと思います。

実際に尾嶋さんは昨年にEVプロジェクトというオファーで、「RSチェーン」というICOを販売していました。

ちなみにこのトークン上場はまだされていないし、
尾嶋氏は、プライベートセールの3倍もの価格で販売していたので、明らかに不利なレートを購入者に突きつけていたわけです。

それ以前にも「ネオホームレス」というオファーを開催し、
引越しをしながら所得が増えると謳いながらも、蓋を開けてみれば難易度の高い不動産せどりというオチで炎上していたのは記憶に新しいです。

ちなみに昨今のICOの場合は、上場がいつまでもないものや、
仮に上場しても市況の状態によって大きく価格が落ちることもあり、資産を10倍、20倍、30倍増やすといったことが極めて難しいです。

プラットフォーム関連も運営や投資も厳しい状態に置かれているので、そこらへんは注意しましょう。

Five Star Club(ファイブスタークラブ)の販売

 

今回の案件では最終的にFive Star Club(ファイブスタークラブ)なるものを募集するようです。

この先着特典として、

1.先着300人には一人100万円夢投資する
2.メンターグループコンサルティング
3.マジカル合宿の参加権
があるそうです。

先着300人に100万円を投資するという内容に関してですが、もちろん現金プレゼントという意味合いではないだろうし、100万円分相当の何かをしてあげるという解釈だと思うので真に受けないでください。

このコンテンツのさらなる詳細がわかり次第、また追記をしますので、ご確認いただければと思います。

尾嶋健信 Be Magical(ビーマジカル)の総評

 

「マジカル」を活用して夢を叶えましょうというコンセプトのものですが、実際はコピーライティングだとか、心理学などのビジネススキルを身につけていくプログラムになっているようです。

こういう真っ当なスキルを学ぶことは、これから長期的にネットビジネスで稼いでいく上で必須となってくるので、この機会に良いかもしれません。

ただ、ビーマジカルというプラットフォーム自体は、「SNSで話題!」と謳いつつも調べてみると何も話題になってないし、むしろ悪い内容なかりですねw

方向性が曖昧だし斬新性もなく、プラットフォームビジネスとしての成功は難しいと個人的に考えています。

今、コンテンツビジネスが空前のブームを迎えているのはご存知ですか?


コロナが世間を騒がせ、全世界自粛ムードに
突入し、今オンライン教育市場が
右肩上がりに伸びています。

ZOOMなどのオンライン会議を通じて、
ヨガ、英会話、ダンス、占い、ダイエット
など
いろんなサービスが
WEB上で繰り広げています。

会社の打ち合わせなども、
ほとんどオンライン上で行われ、
WEB上で何かを学んだり、
発信したりするのに
多くのユーザーは抵抗がなくなりました。

今全世界の文化が大きく変わったわけです。

これから益々オンライン化の流れは加速するでしょうし、在宅で組織を持たない働き方も主流になるでしょう。

これまで僕自身、
いろんなネットビジネスを実践し、

・アフィリエイト
・せどり転売
・投資やトレード
・ブログ、SNS
・情報販売
PPC広告

などで過去7年以上年収1000万円以上を
稼ぎ続けているわけですが、
全ては「コンテンツビジネス」というものに集約されます。

コンテンツビジネスとは、
特定の知識やノウハウ、情報をまとめ、
オンライン上で販売する
ビジネスのことを指しますが、

ネットで稼いでいる人たちのほとんどが、
コンテンツビジネスに取り組んでいますし、
億単位のお金を稼ぎ出す人までいます。


コンテンツを販売したり、集客するために、
ブログであったりYouTubeがあるわけだし、
アフィリエイトやDRMなどの手段があるわけです。

コンテンツビジネスをやってないと、
ただアドセンスなどの安い報酬単価による
広告案件しかできなかったり、
いつ売れるかどうか分からない中で、
ブログやSNSを更新し続けることになります。

これから僕たちがやるべきことって、
何かしら売るコンテンツ(需要のあるもの)
を用意して、
お客さんを集め、セールスすることです。

ほんとシンプルなことで、
ここから逃げると、いつまでも非効率なやり方をし続けることになります。

だからこそ、現在僕の方ではひっそりと、
「コンテンツビジネスの攻略公式」を用意してて、これまで多くの教え子をずば抜けて稼がせ続けてきました。

→噂のコンテンツビジネスの攻略公式を覗いてみる。

これにより、是非僕と同じように、

・毎日、ドロドロとした満員電車に乗って出社しなくていい。
・経済的に余裕が持てるので、値段を気にせずに買い物できる。
・取引先や上司にヘコヘコすることなく、人間関係からストレスフリーになれる。
・ノリと勢いで、その日にいきなり空港に向かい、世界中を旅行できる。
・精神的にゆとりができるので、物事がうまくいくし、異性にもモテる。
・投資などのように資産をすり減らすリスクやストレスがなくなる。
・毎日貯まっていく口座残高を見てニヤニヤすることができる。

こうした理想の未来を実現していきましょう!

では、意識の高いあなたの参加をお待ちしています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です