アフィリエイト実践

【最新版】アフィリエイトのやり方を完全暴露!初心者にオススメの始め方

こんにちは、キラーです。

この記事ではこれからアフィリエイトを始める方に向けて、アフィリエイトの定義や種類、収益化に必要な本質についてお伝えしていきます。

“今からブログを開設してアフィリエイトを始めるなら、一体何すればいいんだ?”

という疑問を抱くあなたのために、アフィリエイト歴6年、これまで累計1億円以上をブログで稼いできた僕が、2020年以降でも通用する手法や本質部分をお伝えしていきますので、この通りに愚直に実践すれば成果は自ずと出るものだと確信しています。

そもそもアフィリエイトとは何か?定義や本質について

 

アフィリエイトと一言で申しましても色んな種類があります。

・トレンドアフィリエイト
・ツイッターアフィリエイト
・メルマガアフィリエイト
・ブログアフィリエイト(サイトアフィリエイト)
・youtubeアフィリエイト
・アダルトアフィリエイト

Etc…

扱うメディアや広告の種類によって言い方は異なり、 ブログにアフィリエイト広告を貼ればブログアフィリエイトになるし、ツイッターを使って集客すればツイッターアフィリエイトになります。

 

紹介する広告がアダルト動画への誘導であるならば、必然的にサイトがアダルトコンテンツ一色のアダルトアフィリエイトになります。

このように「集客方法」や紹介する広告の「ジャンル」、 または情報発信を行う際の「メディア」によって便宜上言い方が変わるだけで、 “商品を求めている人に紹介する”というのが本質です。

キラー
キラー
どんな種類のアフィリエイトでも、紹介するという本質は同じです!

 

アフィリエイトとはいわば「仲介業」と定義づけされますが、ブログなどのメディアを通じて、広告主の商品をサイトに訪れるユーザーに紹介することで、その紹介料をもらえる仕組みになります。

出典:A8.netのページより画像引用

 

実は僕たちの身の回りでも、インターネットビジネス以外のアフィリエイトはたくさんあります。

 

例えば「不動産仲介業」と仕組みは同じで、 引っ越したいと思っている人に、ニーズを満たす部屋を大家さんの代わりに紹介するから 大家さんから「紹介してくれてありがとう。」と手数料が入るわけです。 (賃貸の仲介の場合だと、家賃の1〜2ヶ月くらいは紹介料として入ってきます。)

ちなみに僕の場合、リアル系のアフィリエイトだと、

・融資案件の紹介(融資が降りた金額の1〜2割が入る)
・テナントビルやビジネスホテルの紹介(落札価格の3%が関係者同士で分配)

など、比較的金額が大きい案件を扱っているので、 成約に至ると、一発で100万円入ってきたりします。

全てはインターネットやリアル上の繋がりで、 悩みを解決したい人もしくは特定の需要がある人に必要な商品サービスを紹介し、 その紹介料を受け取るビジネスモデル全般がアフィリエイトと言えるわけです。

キラー
キラー
アフィリエイトは、自分でなにか商品を用意しなくても始められるので非常に敷居は低いですね。

 

アフィリエイトの種類、広告案件について

アフィリエイトの広告案件にはいろんな種類があり、 インターネットビジネスのアフィリエイトの場合、 ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)が案件をまとめています。

ASPとはアフィリエイター(紹介側)と広告主を繋いでくれる仲介サービスのことで、 これを使用することで、サイトに広告を貼って報酬を得ることができるのです。

ASPに登録することが、アフィリエイターになるための第一歩でしょう。
ジャンルごとにASPをまとめると、代表的なものとして以下になります。

登録するべきASP一覧


物販・金融・サービス系ASP

A8.net→案件数が非常に多く、ASPの最大手。

バリューコマース→全ジャンルに対応しており、有名案件や独占案件が豊富

もしもアフィリエイト→プログラミングスクールや会計ソフトなど特殊案件が入ってる。

JANet(ジャネット)→クレジットカード、カードローン系は強い。報酬承認もおりやすい。

アフィリエイトB→高単価の案件が揃っている。

情報系ASP

インフォトップ→代表的な情報商材ASP。案件のバリエーションが豊富

infocart(インフォカート) →販売する側は審査が通りやすい。インフォトップに比べ案件数は劣る。

AdMall(アドモール) →アフィリエイト系に強い情報商材ASP。

 

クリック報酬型ASP(1クリックされるたびに数円〜数十円もらえる案件)

Google AdSense(グーグル・アドセンス) →クリック保証型の鉄板。高単価。ただし広告を貼るための審査が厳しい。

nend(ネンド) →スマートフォン対応の広告サービス。アプリにも連動できる。

i-mobile(アイモバイル) →nendと違ってPCにも広告が掲載できる。

ASPに登録する際は、ブログやサイトの審査があるところもあるので、記事数が5記事〜10記事ほどになれば、まとめて申請しましょう。

アフィリエイトの広告種類やジャンルは何を選ぶべきか?

 

広告案件を選ぶ際に注意しなければならないのが、 単純に自分がよく知っているジャンルだから〜とか、 紹介しやすそうだから〜みたいな安易な理由で選ばないことです。

僕たちの目的はアフィリエイトを始めることではなく、 “アフィリエイトで収益化を図る”ことにあるはずです。

初心者だから〜とか言って低単価の報酬案件を扱うとか、 自分が興味のある案件だけにするとかは完全にナンセンス。

やるべきことは、「稼ぎやすいジャンル」で「正しい戦略」でアフィリエイトを行うこと。

「初心者にオススメのアフィリエイトはなんですか?」とかよく聞かれますが、 アフィリエイトはビジネスである以上“初心者向け”とか“上級者向け”みたいなものはなく、 最初から稼ぎやすいアフィリエイトをやりましょうとしか言えないです。

まずはジャンル選びに関してですが、どういう広告案件、ジャンルが良いかというと、


①需要の大きいジャンルであること。(悩み系がオススメ)

②大手が参入していない個人ブログが中心の市場に入ること。 

③常にセールスを意識し、商品成約型の広告案件を扱うこと。

とにかくこの3点ですね。

まず、需要の大きいジャンルであること(悩み系がオススメ)に関してですが、


・お金儲け系ジャンル(ビジネス、副業、投資系)

・異性系(アダルト、恋愛、ナンパ、カラダ)


あたりはオススメです。

というのもこの2つは、お金に関する悩み、モテない悩みであるため、 「悩みの欲求」が深く、一定数の需要があるからです。

 

悩みが深いジャンルでブログを作れば、その深い悩みをすぐ解決したいと思うことから、商品の購入率は上がりますし、高単価の商品でも構わずポンポン買ってくれます。

 

普通ブログを開設したばかりのよく分からない人が、 「この商品オススメです!」とセールスしていたところで 普通は買わないですよね?

ですが、その悩みを解決する商品がそこにあれば、 「この悩みをなんとかしたい!」と衝動買いするユーザーは多いですし、 その悩みへの解決が“きっかけ”となって、あなたのファンになってくれることもあります。

 

そして次に②大手が参入していない個人ブログが中心の市場に入ることも超重要。

アフィリエイトをしていく上で避けて通れないのがライバルの存在で、 常にヤフーやグーグルなどの検索エンジンに目を光らせ、 ライバルサイトをチェックすることが大事です。 

たとえば美容系のジャンルであれば、 大手化粧品会社がこぞって通販サイトを立ち上げていますし、 アマゾンや楽天などの巨大通販モールでも美容品はバンバン出品してますから 今から参入するのは厳しいかもしれません。

ですがビジネス系とか恋愛系だとまだまだ大手は参入していませんし、 僕がオススメする情報商材アフィリエイトの市場なんかは、 個人規模のブログしか情報商材を紹介していません。

【2019年度版】情報商材アフィリエイトで実績0でも稼げる全貌を公開します!こんにちは、キラーです。 情報商材アフィリエイトはアフィリエイトの中でもかなり稼ぎやすいジャンルと言われています。 周りを見...

 

だから作りたてのブログでも十分稼げる余地があります。

 

そして広告案件を選定する際に欠かせないのが
「③常にセールスを意識し、商品成約型の広告案件を扱うこと。」です。

 

これはブログの収益を最大化するのに欠かせない視点で、 “少ないアクセスでも大きな報酬金額を掴める”ことを意味します。

特に最初のうちはブログのSEOパワーも弱いし、1日のアクセス数だってたかが知れてるので、 貼る広告によっては全然お金にならなかったりします。

 

かけてる労力の割に報酬金額が少ないとモチベーションも落ちやすくなりますよね?

先ほど紹介したグーグルアドセンスなどのクリック型報酬案件だと 1クリックされてもよくて数十円とかですし、 どうしても限界は出てきます。

 

ですが1件売れれば数千円〜数万円ほどのまとまった報酬がもらえる案件をメインに扱えば、 サラリーマンの月収分ほどの金額は案外早く稼げたりします。

たとえば情報商材アフィリエイトを例に出すと、 1本売れれば3万円がもらえる案件をブログで紹介するとしましょう。

その商材の需要とか、セールスレターの出来栄えにもよりますが、お金にまつわるテーマである以上、少なくとも5%の成約率は叩き出せるとします。

1日自分のブログに50ユーザーしか訪れなかったとしても、月間に直すと1500ユーザーが訪れることになります。

 

そのユーザーの中で10%の人が興味をもって、あなたが紹介している案件のセールスレターをクリックするとすれば 月間で150人をその商材レターにアクセスします。

成約率5%なので7人〜8人がその商材を買うことになります。
そうすると20万円以上の報酬が毎月そのブログから発生するわけです。

 

ブログに1日50ユーザーを集めることは比較的簡単で、正しい集客戦略にのっとれば初月から達成させることもできますね。

 

しかしトレンドアフィリエイトや雑記ブログのようにクリック保証型広告案件をメインに扱うことになると、月20万円稼げるようになるのに、月間数百万PV以上集めないと厳しいので、なかなか労力がかかることになります。

 

勿論稼ぐ感覚を養うために報酬を発生させる敷居が低いグーグルアドセンスを導入するのもいいですが、きちんとした収益化という目標を達成させることは難しいと思います。

以上、アフィリエイトのジャンル選びや広告選びについてお話ししましたが、具体的なテクニックは下記の記事でまとめています。

アフィリエイトで稼ぐのに欠かせないジャンル・案件の選び方こんにちは、キラーです。 アフィリエイトを始めるにあたって、まず最初に決めなかればならないのがジャンル選びになります。 ...

まずは特化型ブログを開設してアフィリエイトを始めよう

 

参入するジャンルや広告案件を決めたら、それが売れるようになるように特化型ブログを構築し、記事戦略やキーワード等を決めていきましょう。 

最近ではyoutubeで映像配信している人とか、 ツイッターを用いてバズらせて、フォロワーをガンガン増やしながら 広告案件をつぶやく人が増えています。

 

確かにネット市場の時代の流れというものがあるし、 今後は動画を作成したり、フォロワーを増やす戦術を覚えることは ネットビジネスを進める上で有利に働いてくれることでしょう。

ただ僕たちが活字によって情報を収集する文化が根付いている以上、ブログというのは半永久的にユーザーに情報を伝達するメディアになります。

 

何か調べたいこととか、悩んだことがあったらヤフーやグーグルの検索窓にキーワードを打ち込んで調べるわけで、今後もこの文化は変わらないでしょう。

また、大きいのは“ユーザーの情報を受け取る意識”の部分です。

youtubeの場合、ダラダラと動画を流してボンヤリと内容を把握する傾向にありますし、ツイッターとかのSNSだと大量の情報がうごめくツイートの雨の中から短時間で情報を受け取るだけです。

 

ですがブログの場合だと、そもそも検索エンジン経由で調べ物をしたり、「読み物」としてその人の世界観に触れようとするユーザーが多いので、精読率が圧倒的に違います。

 

だからサイト設計をきちんと行うことと、正しい記事構成を意識すれば、商品の成約率も大きく向上させることができるし、ファン化もしやすくなります。

僕の中でアフィリエイトはブログが中心にあって、その補足としてツイッターとかユーチューブがあるイメージです。

特化型ブログを構築するにあたって、以下の手順でおこないましょう。

特化型ブログで月収10万円以上稼ぐための構築手順を完全伝授!こんにちは、キラーです。 アフィリエイトでブログ運営を行う際に、僕は特化型ブログを構築することをお勧めしています。 特化型ブ...

 

アフィリエイトで稼げるかどうかの差はどこか?

アフィリエイトブログを運営するにあたって、同じジャンル・テーマであっても人によって結果は大きく違います。

その差はどこから来るのかというと「情報発信密度」にあります。

情報発信の濃さといっても、なにも専門用語びっしりの大学教授のような発信を目指せと言ってるわけではありませんし、文章力を駆使した多彩な表現技法が必要なわけでもないです。

情報発信をする上で欠かせないのが

・読者の悩みや調べたいことを解決させる内容を盛り込むこと。

・自分のコンセプトを確立させ、ユニークな発信を心がけること。

これに尽きます。

 

そもそも誰も最初はあなたに興味を持つ人はいなく、ユーザーがあなたのブログを訪れる理由は、 自分が探している情報がそこにあると思っているからです。

たとえばコピーライティングについて調べているのに、関係ない旅行の話とか、自分の趣味の話が書かれてあったらどうでしょう?

「そんなの知らねーよ!」とページを戻されるのがオチですね。

だからこそ、ユーザーの悩みは何か、本当に知りたいことは何なのか常に意識し、それを解決するための情報をネット上から“仕入れ”をし、自分の言葉でまとめることが重要です。 

多くの人は、ロクに必要な情報を仕入れすらしないで、ひたすら自分の知っていることとか、得意なことだけを発信するから結果的に「読まれない」で終わってしまいます。

今の時代ネット上でいくらでも情報は手に入ります。

 

その情報をリサーチし、自分の言葉で読者に伝えてあげることがアフィリエイターの仕事です。

ほんと自分がちょっと調べたことが、読者さんから価値として感じてもらえるので、積極的に情報をインプットして、すぐ記事としてアウトプットしましょう。

情報発信の密度を上げるために、こちらを参考にしてみてください。

情報発信ビジネスで大きな差がつく「6つのやり方」を初心者向けに解説!こんにちは、キラーです。 アフィリエイトなどの情報発信ビジネスで大きく稼いでいく上で欠かせないのが“読者の心に突き刺さる情報発信”...

 

そして何より、自分のキャラクター性や世界観をユーザーに伝えてあげることが、ライバルと差別化を図る上で重要な部分です。

極論読者に求められる内容だけをまとめても、それは単なる「まとめブログ」とか「知恵袋」的な位置付けで終わってしまい、あなたに対してお金を払いたい!と思わせることは難しくなります。

要は、「この人、なかなかしっかりしているな〜」と読者から信頼されるプロセスを意図的に生み出すことが求められます。

それはプロフィールでのキャラ設定であったり、発信の切り口を変えることが大事なんですが、細かいことはこちらの記事内に盛り込んでいますので、参考にしてみてください。

【2019年度版】今後アフィリエイトで生き残るためのマーケティング戦略や事例についてどうもこんにちは、キラーです。 ここ数年でブログを取り巻く事情は大きく変化しました。 これまではただSEO対策をして、検索エンジンか...

 

必要なものを揃え、アフィリエイトの第一歩を踏み出そう!

さて本日は、アフィリエイト初心者さんに向けて、始め方や手順、本質部分など、「導入」に関するお話をさせていただきました。

ある程度アフィリエイトブログを軌道に乗せてしまえば、自分が積み上げた記事群が勝手に検索エンジンから見込み客を集客し、文章コンテンツがあなたに代わってセールスしてくれ、放ったらかしでお金が入る仕組みができてしまいます。

そうするとお金以外にも時間が生まれます。

その時間で新しいブログの構築に当てたり、良い出会いが訪れたり、違うビジネスへの挑戦もでき、最強のスパイラルに突入します。

アフィリエイトブログで得た収益を、有益なセミナーやコミュニティへ投資して結果的に得られたノウハウやエッセンスをブログでアウトプットし、さらに読者さんから喜ばれ、お金になる。

これほど幸せなことはありません。

 

アフィリエイトブログが軌道に乗れば新しいYoutubeとかツイッターの構築に取り掛かればいいし、仮想通貨とかの投資もバンバンやっていけばいいわけです。

たとえ他の事業で失敗したとしても またすぐアフィリエイトに戻ってこれるし、あなたの「分身」以外何者でもありません。

 

実際僕は毎年1000万円以上を生み出してくれるブログを量産したから “パラレルワーカー”としていろんな事業に挑戦できていますし、他の業界も経験したからこそ、あたらめてアフィリエイトって素晴らしいと感じます。

元手はかからないわ、人的リスクはないわ、お金の持ち逃げもないわ。
売掛け金が回収できないリスクもないし、利益率も圧倒的に高い。

最初ブログを運営したばかりの頃はゴールが見えないのでしんどいと思いますが、
「成果に直結する記事更新」を心がければ、数ヶ月でサラリーマンの月収分以上は達成できることが多いです。

 

まずはアフィリエイトを進める上で、必要な準備をして、ひとつずつできることを始めていきましょう!

アフィリエイトを始めるのに準備するものまとめ。これだけは揃えておこう。こんにちは、キラーです。 よく「アフィリエイトをこれから始めたいんですが、何を準備したらいいですか?」という相談を受けます。 ...

それではまた!

(告知)

参加している人もいると思いますが、さらに踏み込んで、より実践的にブログアフィリエイトとか投資に挑戦したい方向けに「収益化」と「仕組み化」という部分に焦点をあてた無料メール講座を開講しています。

ブログでは明かせない内容とか、直接指導企画のこととか、ブログアフィリエイト指南特典等も盛り込んでいるので、この機会に登録していってください^^

※下記をクリックして詳細を確認してください。↓↓

*メールアドレス
*お名前(姓・名)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です