アフィリエイト全般

アフィリエイトで濃い情報発信をする方法教えます!

こんにちは、キラーです。

アフィリエイトや情報ビジネスで大きく稼いでいく上で欠かせないのが
質の高い情報発信をすることです。

 

いくらSEOを極めたり、見栄えの良いブログを作ったところで
記事で発信している内容がショボかったらまた読もうと思われないし
わざわざあなたのところから商品を買おうとはなりません。

これからブログアフィリエイトで必要になってくるキーワード選定のこととか、
ワードプレス構築、セールス全般などのテクニックをお伝えする前に、
“読者から信頼されるための情報発信のやり方”という本質的な部分を教えていきますので、
最初にここを意識してください。

 

前回の講座の記事はこちら

【最新版】アフィリエイトで年8桁稼げる仕組みを完全暴露します! こんにちは、キラーです。   この記事ではアフィリエイトで稼ぐために、 どういうジャンルでどのような発信で、どういうやり方をしてい...

 

なぜ情報発信力を磨く必要があるのか。

 

例えばあなたが店舗で服を売っているとして、
自分がダサい格好をしていたらお客さんはどう思うでしょう?

当然「なんだこの人は?この人が勧めるファッションで大丈夫かな?」
となりますよね。

 

ブログアフィリエイトにおいても、発信する内容がどこか薄っぺらかったり、
的外れな内容だったりすると、読者さんから相手にされず稼ぐことはできません。

 

コピーライティングとか、文章力とかスキル以前の問題に、
読者の視点に立ち、価値のある内容を自分で仕入れ、
自分のフィルターを通してアウトプットをするという
本質的な部分ができないと、いくら記事更新しても無駄です。

 

よくネット上のサイトを見渡してみると
同じことを言ってるのにこの記事はしっかりしてるな〜とか
この記事はあっさりしすぎてつまらないな〜と「質」の見分けはつくと思います。

 

 

自分が初心者だからといっても同じような低レベルの発信をしていいわけではなく、
やっぱり最初から上を意識して情報発信しなきゃいけないし、
妥協は許されません。

 

よくブログアフィリエイト始めたばかりの人から
「だいたい1記事あたりどれくらいの文字数で書けばいいですか?」とか
「どれくらいのクオリティで書けば良いんでしょうか?」と質問がくるんですけど、
そういう質問自体がナンセンスであることをご理解ください。

 

 

本当に読者が求めている内容、信頼される発信であれば
文字数が全然なくてもOKだし(読者視点を意識してれば大体はある程度文字数多くなるんですけどねw)、
発信のクオリティも手を抜かず、教育的要素をしっかり盛り込んでいく必要があります。

 

ブログで稼いでいる人たちに共通することは、
なにか文章を読んでいて“ピンとくる”ものがあるということ。

 

文章表現としては稚拙だし、国語力ないんだな〜と感じるブログでも
どこか核心をついてる発信だったり、心に刺さるものだとまた読者さんはリピートしてくれます。

 

本当によくあることなんですが、サイトが古臭かったり、
文章も適当に書きなぐった感じで読みにくいものでも
なぜか読者さんがたくさんついてたりします。

 

それらを色々分析してみると、ひとつのテーマについて深い部分まで掘ったりとか、
自分の過去の経験を今読んでいる読者の立場に結びつけて、
共感が得られるものだったりするものが多いです。

 

SEOとかコピーライティングとか、デザイン、読みやすい文章術とかは
後からいくらでも身につけれるテクニックであって、
稼げるブログを支えるものは、この「情報発信力」にあるんですね。

 

情報発信力という言葉を聞くと、自分に特別な知識が備わってたりとか、
専門的な経験や実績がなきゃダメなんじゃない?と思うかもしれませんが、
それは大きな勘違いです。

 

必要な情報や価値ある内容というのはネット上や書籍からいくらでも「仕入れ」ができるし、
発信する上での感覚とかリズム、トーンは後天的に身につけられます。

基本的には信頼される情報発信をするには、

・誠実さ
・丁寧さ
・人間味

の要素を意識すれば大丈夫で、そこにセンスも特別性も問われません。

 

イメージとして、今あなたの目の前に大事な人(恋人、上司、親友など)がいて、
その人になにかプレゼンをする感じです。

自分の大切な人の前で、適当なことなんか言えないし、
なんとかプラスになることを与えようと必死になりますよね?

ブログにおいても、読者さんを機械的な「アクセス」みたいに考えるのではなく、
大事なお客さんとして、本気でタメになる発信をしよう!という気持ちを持つことです。

 

そうすればたとえ部分部分に甘さや隙があっても
この人なんか本気だな〜とか、誠意があるなと本能的に感じてもらうことができ、
それが重なって信頼を獲得することができます。

では、信頼される情報発信力を磨くにはどういうステップを踏まえれば良いか
具体的な話に入っていきます。

 

手本となるブログやメンターを見つけ、徹底的にパクる。

 

僕がブログに取り組み始めたコンサル生にまずお伝えすることは、
自分がピンときたブログ、この人上手いな〜と思うブログを
最低5個見つけてください。ということ。

そしてそこにある情報や内容を徹底してインプットし、
それを自分の解釈でアウトプットしてきます。

稼げないアフィリエイターというのは、記事更新をする際に
自分の知っていること、思い込みで勝手に書くから「反応」が得られないだけで、
質の高い発信をしているブログを見習い、「高い基準」を意識して記事を書けば
ユーザーからの評価は大きく変わります。

 

ブログで記事を積み上げていく際に、最低限キーワード選定や記事構成などの
テクニックを心がけるのは前提としてはあるんですが、
そこから情報の仕入れ、インプット作業を徹底することが重要です。

 

ブログで稼げるか稼げないかは、記事を書く前から決まります。

つまり、いかにそのテーマについて情報収集を徹底し、
本当にユーザーが求めてる内容や教育的要素を盛り込めるかどうかです。

 

質の高い情報発信をしようという「意識」や情報の仕入れが欠如しているから
我流のよくわからないブログになるだけで、
最初のうちは徹底して上手いブログ記事をパクればいいんですよ。

 

誰も最初は知識がないし、文章を書くのも慣れてないし、
何も参考にせずに作業を進められるわけがありません。

だからこそ目指すべきブログがいくつかあれば、
常に自分の発信のレベルはこの程度でいいのかどうか理解できるし、
どういう要素を盛り込めば読者から共感できるのか、
“潜在意識レベル”でも分かるようになります。

 

本当に上を目指すという意識ひとつで情報発信の差は大きく出るもので、
「自分は初心者だから最初はこの程度のレベルの発信でいいや」という思考習慣は危険です。

 

こういう情報をベースにするビジネスの場合、
「進化」という意識がないとそれが素直に文章にもあらわれます。

 

今やメジャーリーグで二刀流として活躍する大谷翔平選手は
かつての母校・花巻東高校時代に高校最速となる160キロを出したわけですが、
佐々木監督は当時のことをこう明かしています。

 

「本当は160キロではなく163キロを目標にしよう、と大谷とは話していたんです。目標設定の仕方として、OBである菊池雄星(現西武)のような投手になりたいと思っていたら、雄星を超えることはできない。160キロを出したいと思っていたら、158キロにしか届かない。だからこそ、あえて3キロプラスしろとね」

 

大谷選手は163キロという大台を紙にまで書いて意識を続けたから
トレーニングにひたむきに励み、160キロという途中の数字を出すことができました。

情報発信ビジネスも高い発信の手本があるから
少しでもそこに近づこうとずっしりした内容のコンテンツが出来上がるわけだし、
作りたてのブログにも関わらず大きな報酬金額も生み出すことができます。

 

特にアフィリエイトの世界だと、情報発信のレベルなんてたかが知れています。

 

大手が参入するジャンルを除いては、ほとんどが個人ブログで検索エンジン上は占められており、
ショボい内容のものでも平気で上位表示されるのもよく見かけます。

 

だからこそ、そいつらライバルに負けないくらいインプットをしっかりやって
高い基準値を持ってアウトプットをすれば、
収益化も必然というわけです。

 

アウトプットを前提にインプットを行う。

 

目標とする高いレベルのブログをいくつか見つけたら、
あとはそこに書かれている情報をインプットし、
自分の解釈をプラスαしてアウトプットするだけです。

 

具体的なインプットのやり方に関してですが、

①客観的情報や周辺知識を徹底的に拾っていく。
②いろんな情報アンテナから解釈方法を学ぶ。

この2点を意識しましょう。

 

①についてですが、これは初心者だろうが誰にでもできることで、
ひたすらググって読者が知りたい情報を調べ上げましょう。

 

例えば「大学受験 英語 学習方法」のキーワードで記事を書くとしたら、
まずはそのキーワードで検索するユーザーが求めている情報を考える。

そういうユーザーは、

・英語のセンター試験はどう攻略すればいいのか。
・リスニング、長文読解、英作文、文法などの単元ごとの学習方法。
・具体的なオススメの参考書情報。
・その学習方法によってどういう結果が得られるのか。
・その学習方法はなぜ有効なのか。その根拠やエビデンス。

などを顕在意識もしくは潜在意識で知りたいはずで、
この辺の周辺情報を徹底的に調べ上げてまとめていきます。

 

稼げない人というのは、英語のセンター試験攻略方法など
一つの側面でしか情報を調べ上げないから、薄いコンテンツしか作れないだけで、
サボらずに他の側面で情報をリサーチしていけば
必然とユーザーから求められるコンテンツに仕上げるわけです。

特にアクセスを集めるための集客記事とかは
こういう客観的情報をまとめていくのが主になるんですが、

“情報武装”できるようになると、ユーザーから丁寧さ、専門性の印象を植え付けることができ、
検索エンジンからの評価も上がってきます。

 

そのキーワードで他のライバルブログに負けないくらいの客観的情報を詰めていけば
結果的にSEOもユーザー評価も上がり、長期的な収益化が期待できます。

続いて②に関してですが、これはアウトプットを前提にして
日常の材料からインプットすることが大事です。

もしあなたが先ほどの例の「大学受験 英語 学習方法」でのキーワードジャンルで
情報発信を行うとすれば、英語学習方法以外の事例からも
その「成功の秘訣」「共通概念」があるはずです。

 

あなたが運営するブログのミッションとしては、少しでも多くの人に
正しい英語学習法を伝え、大学合格のお役に立てることです。

 

それを念頭に入れれば、なにも表面的な英語学習の情報を与えるだけでなく、
頭を英語脳に切り替えさせるための日々の過ごし方のこととか、
スランプに陥った時の乗り越え方とか、受験仲間の作り方とか、
“合格に近づく要素”というのはたくさんあります。

 

読者さんを大学に合格させようと日々意識して、いろんなアンテナを張っていれば、
日常からもたくさんのヒントが得られます。

 

例えば僕が大好きな高校野球では、2018年に大阪桐蔭高校が
甲子園で春夏連覇を達成しました。

大阪桐蔭強かったんだな〜と解釈すればそれで終わってしまうわけですが、
この優勝という成功要素には、英語学習や大学受験にも通用するようなものが
必ずあるわけです。

 

なぜ優勝できたのかというと、単に根尾選手や藤原選手のようなスターがいたからではなく、

・全国制覇という大きな目標を毎日口に出し、部員全員に意識共有していた。(事実)
→目標設定とその目標を持ち続けることの大切さ。(成功要素)

・野球ノートを日々つけ、西谷監督からのフィードバックを常に受ける。(事実)
→自分の今の位置を確認し、正しい方向で進んでいるかフィードバックを得られる環境がある。(成功要素)

・根尾選手のような意識の高いトップ選手の存在が、全体に良い影響を及ぼしている。(事実)
→常に手本となる存在を近くに置き、意識を高めること。(成功要素)

・強化期間を設け、肉体的な負荷をかけながら練習する。ほんと地獄らしい。(事実)
→一つのことを徹底するフォーカスの重要性。(成功要素)

 

こういう事実の裏側には、成功できる要因があり、
それを共通要素として英語学習、大学受験の情報発信に活かすことができます。

 

=================

タイトル「大阪桐蔭春夏連覇から学ぶ学習環境の重要性」

英語は単に単語を丸暗記したり、長文を読み込めばいいという問題でもない。

常に英語ができる友達を受験仲間として近くに置き、
その人がどうやって英語を捉え、学習を進めているのか肌で感じることが大事だ。

(TOEIC820点の友達と過ごした時のエピソードなど)

また英語などの言語を獲得する上で、1週間くらい合宿を組んで、英語にしか触れない期間を設けることも有効だ。

英語は頭で覚えるものではなく、身体に染み込ませるもので、英語のシャワーを浴びる機会が必要。

(具体的な英語強化合宿の話など)

大阪桐蔭が春夏連覇できたのも・・・・

以上、英語のスコアを上げるためには、こうした学習環境を工夫することが大事なのだ

=================

まあ、結構適当に書きましたが、
こうした成功要素や抽象的要素を日常の事例からピックアップし、
それを情報発信に結びつけることはいくらでもできてしまうんです。

 

それはあなたなりの「解釈」になりますから、
自分の発信内容に「付加価値」を付けることになり、
自分の世界観が読者さんに伝わります。

 

読者さんに成功してもらいためにはどうすればいいか、
常に意識していると日常の看板広告とかテレビとか、スポーツ、政治、
芸能、部活などからいろんなヒントがもらえます。

 

自分が手本とするブログを読み込み、その人が情報をどういう解釈をしているのか
その解釈方法を学び、自分のブログにも活かすこともできるし、

自分のブログジャンルに関係する人のセミナーとかに参加して、
高い次元の解釈や抽象度の高い思考を学び、そこで得たものを
自分のフィルターを通して記事でアウトプットするのも有効です。

 

常に読者さんに価値ある情報を届けようと、日頃からネタを意識していれば
日常の全てをコンテンツ化することが可能になります。

 

一流のホテル、一流の飲食店、一流の野球選手の行動・・

など、一流であるのはそれなりの「理由」というものがあり、
その理由を見つけ、自分のジャンルに関連づけるのが
アフィリエイターとして最も価値ある仕事ですね。

 

価値の付け方に対する深い考察はこちらの記事でも書いています。

缶コーヒーから学ぶ、ブログアフィリエイトのブランディングを強化する事例とテクニック。こんにちは、Killerです。 まずブログアフィリエイトを進めるにあたって、利益を出す上で最も重要な「考え方」でありながら、いつ、...

情報発信ビジネスにおいて完璧主義は超危険。

 

 

こういう質の高い情報発信のポイントをお話しすると、
時々考えすぎて、「本当にこれでいいのだろうか?」と不安になり、
何もできない人がいます。

細部に気をつかって丁寧にコンテンツを仕上げるのは良いんですけど、
神経質になりすぎて、それがストレスでやる気がなくなったり、
何も更新しなくなるのは本末転倒です。

 

 

ブログは投稿しなければ0点のままなので、
途中からどうしても書けないとか、疲れたという場合は
区切りの良い部分で終えて投稿したほうがいいですね。

 

特にブログアフィリエイトにおいては記事を投稿することを「習慣化する」ことが重要で、
単にSEO的に強くなるからだけじゃなくて、
情報発信に良いサイクルをもたらすことができるからです。

 

更新するのが当たり前になると、常に「何かアウトプットしなきゃ」という意識が働き、
あれこれネタを見つけようとしますし、
抽象度の高い発信もできるようになります。

 

ブログの場合だと、文字数が多くなってどうしても最初はやりにくいのであれば、
ツイッターとかで簡易的に情報発信をして、
アウトプットを習慣化することも良いでしょう。

 

また、ブログを更新していると途中で「本当にこの発信内容であってるのかな?」
と思う時が必ずあります。

 

 

そういう時にブログアフィリエイトの師匠・メンターを身近につけて
常にフィードバックを受け取れる環境に身をおくことが一番です。

 

僕がよくコンサルをしていると、

・キーワード選定が間違っている。
・内容の踏み込み部分が足りなかったり、不足している周辺情報がある。
・改行や日本語の表現など、テクニック的なこと、
・読者が求めている内容ではなく、自分勝手な発信になってる。

そういう人がけっこう多いです。

 

このまま何のフィードバックもなく、勝手に進めるのは本当に危険だな〜と感じますし、
独学でアフィリエイトを進める人って逆にすごいな〜と思いますw

 

フィードバックを受ければ、すぐ情報発信の質を上げることができるし、
記事更新のモチベーションも上がりやすくなります。

 

ネットビジネスにおけるモチベーションの話はこちら

アフィリエイトを続けるモチベーションは、意図的に操作できます!こんにちは、キラーです。 ネットビジネスってほんと作業を継続し続けることが大事で、つまるところモチベーションをどう高め、維持するかにか...

情報の出し惜しみは絶対するな。

 

よく情報発信ビジネスをしている人で、
「どこまでが無料でどこからが有料で情報を出していいですか?」と、
情報に線引きをして考える人がいます。

はっきり言ってこの考え方は捨ててください。

 

僕はこれまでに高い授業料を払っていろんなセミナーで勉強しましたし、
いろんな高い経験もしてきましたが、
値段が高かったからといってその有益な情報をブログで共有しないことはありません。

 

アフィリエイターはとにかく無料の段階でどこまで勝負できるかが大事です。

ネットでお金を稼ぐことの本質は“価値提供”にあり、
「無料でここまで教えてくれるの?」と思わせればもう勝ちです。

 

 

今のネット社会において、デジタルコンテンツはフラット化され、
どんな情報も簡単に手に入る時代です。

 

自分が有料だと考えている情報も、けっこう簡単に無料で手に入ることが多いし、
情報そのものに値段なんてものは意味ないんです。

 

僕が考える有料のものというのは、

・リアルセミナーや合宿など、ライブ感があるコンテンツ
・コンサルティングやサロンなどの「場」の提供

 

知識とかノウハウとかではなく、
その人が成長できる環境とか場、体験というものに価値があって、
情報というのは単なる「材料」とか「教科書」みたいなのに過ぎません。

 

読者からしたら無料で読める記事とか、メルマガを絡めるなら無料特典とかが
「あなたの実力」だと認識され、有料で販売するコンテンツになれば
どんなものでもその積み上がった「信頼残高」から簡単に売れるようになります。

 

仮に自分で情報を出し切ってしまったとしても、
僕らは「アフィリエイター」なので他人の良い情報を紹介してお金が得られるので、
自分で有料のコンテンツを用意できないうちはアフィリエイト商品で
ガンガン収益化をしていきましょう!

 

人間力の向上こそアフィリエイトや情報発信ビジネスにおいて重要。

 

一流のアフィリエイターは、よくこのような言葉を放ちます。

「アフィリエイトは人生そのものだ。」

・読者に喜ばれる、求められる情報を仕入れる。
・自分の体験とか学びを有益な形でシェアする。
・読者から感謝され、それが商品を通してお金になる。

と、価値提供というステップをアフィリエイトは踏まえるわけで、
人生においても、人間関係、恋愛、サークル活動などあらゆる場面で
人に喜んでもらうことが、人生うまくいく秘訣ですよね?

 

嘘をつけば必ずバレ、悪い噂が流れるし、
人を殺したら終身刑や死刑になる。

 

人に良いことをしたら、必ずお礼が返ってくる。

 

相手の立場に合わせて物事を話せば、人が寄ってくる。

 

キャラが立っていれば面白い奴だと気に入られる。

 

 

これ全てアフィリエイトにも言えることで、
人間力を向上させ、これをブログに出すかリアルの場面に出すか。

違いはこれだけです。

 

「相手のために」を常に意識してると
自分の性格も勝手に良くなるし、
コミュニケーション能力も文章力も上がります。

 

アフィリエイトで学んだことがリアルに生かされ、
リアルで経験したことが、アフィリエイトの世界で読者の信頼獲得に繋がることもある。

 

ネットビジネスは、現実世界と隔離されたバーチャル世界のものではなくて、
人と人の関わり、感情、温もりの中にあるんです。

 

実際にこれからはハウスリストを大事にし、コミュニティ化の視点がないと、長期的に生き残ることは難しくなってきています。

 

【2019年度版】今後アフィリエイトで生き残るためのマーケティング戦略や事例についてどうもこんにちは、キラーです。 ここ数年でブログを取り巻く事情は大きく変化しました。 これまではただSEO対策をして、検索エンジンか...

 

単なるお金儲けの手段みたいに考えてると、遠回りすることがあるんで、
正しい心構えを持ってこれから頑張っていきましょう!

 

具体的なテクニックはこれからもお伝えしていきます。

ブログアフィリエイトの実践をされたい方はこちらのコミュニティもお勧めです。

仮面ブロガーズは稼げない?実践を踏まえた裏側を暴露します!こんにちは、キラーです。 最近では「ブロガー」という働き方が世間で認知されてきており、昔に比べて多くのブロガーが出てきている印象があり...

では、今日はこの辺で。

 

 

(告知)

参加している人もいると思いますが、
さらに踏み込んで、より実践的にブログアフィリエイトとか投資に挑戦したい方向けに
「収益化」と「仕組み化」という部分に焦点をあてた無料メール講座を開講しています。

ブログでは明かせない内容とか、
直接指導企画のこととか、ブログアフィリエイト指南特典等も盛り込んでいるので、
この機会に登録していってください^^

※下記をクリックして詳細を確認してください。↓↓

*メールアドレス
*お名前(姓・名)